覚えるそばから

自分用の覚え書きを掲載しています。

ハースストーン ダスクブレイカーは扱いが難しい?

ダスクブレイカーの能力

f:id:tekpro:20171211174339p:plain

自分の手札にドラゴンカードがある場合、自分以外のミニオンに3ダメージ。事前評価ではOPとかこれ一枚でアグロ死ぬとか言われていましたが……。

実際に使ってみて思った欠点

beerbrick.com

リンク先と同じデッキ(内なる炎OTK搭載のドラゴンプリースト)を回して思ったことを書きます。引きが悪くて手札にドラゴンがなかったら効果が使えないというのは第一の欠点ですが、当たり前すぎるので割愛。

味方の体力3以下のミニオンが巻き添えになる

ノースシャイアの聖職者や、光熱のエレメンタルはちょうど体力3であり、それらが残っている状態でダスクブレイカーを出すのはためらわれます。どちらも1ターンでも長く残したいミニオンなのでこれは無視できない欠点。これ1枚出せばアグロ死ぬなら別にいいじゃんと思っていましたが、実はそうでもない。

ミニオンを横並びさせるデッキが減った

海賊やトークン主体のデッキが減ったこともあって、序盤の低火力AoEで勝負が決まるケースが減った気がします。うまくAoEが決まったとしても、パラの動員で再展開されたり、ミニオンの死亡を逆手に取られて回廊漁り蟲を出されたりすることも増えました。要するにダスクブレイカーはあんまり環境に合ってないように思えます。

後半は腐り気味になる

高体力のミニオンが増える後半は3点AoEが刺さりづらくなります。場に出すと味方もダメージを受けるし、ヒーローにダメージを与えられないのでバーストにも使えない。序盤の出しどころを逃すと手札に残ったまま、他のドラゴンカードにシナジーを与える側に回ることもしょっちゅうです(それはそれで仕事をしていると言えますが)。

まとめ

強力なカードであることには違いがないとは思いますが、実際に使ってみると意外と扱いが難しいカードでした。今は2枚刺ししてますが1枚でもいい感があります。今回はOTK型のドラプリを回した上での感想ですが、コントロール寄りのデッキならまた使用感も違ってくるのかな、とは思いました。