覚えるそばから

自分用の覚え書きを掲載しています。今後は読書メモを主に書こうと思います。

EclipseのJava開発で気をつけること

これまで色々とやらかしてきた僕が、プログラミングスキル以前に気をつけるべき作法を書きます。既存のJavaアプリケーションに追加対応を行う場合を主に想定します。

あくまで経験則に基づくものなので、一般的にはおかしいところがあるかもしれません。

 

  • インデントを揃える

一貫してTabキーでインデントし、半角スペースは混ぜないように注意。また、Ctrl+i(macの場合command+i)でインデントを自動整形できます。

  • 追加部分以外の編集を決して行わない

たとえば既存のインデントをうっかり削除してしまったりすると、後々新旧ソースを比較して変更行数を調べたりする時に面倒なことになります。

  • 保管時のimportの自動編成を切る

自動編成によりimportの順序が勝手に変わってしまうことがあり、これまた無意味な編集に繋がります。

  • Javadoc、コメントは軽視せずに書く

実はつい最近までJavadocという概念自体知りませんでした……。それに限らず、他の人が見ても分かりやすいソースコードを目指しましょう。

  • (後で追記するかも)

 

他にはショートカットを覚えるとか、デバッグを的確に行うとか、書き出すとキリがないので今回はこの辺で終わり。

いい加減なコーディングをたびたび咎められてしまうのを改善していきたいですねー。