読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚えるそばから

自分用の覚え書きを掲載しています。ゲーム「ハースストーン」の話題が多めです。

プチコン3号

ゲーム

本日北米版がリリースされたようなので、記念として記事にする。

 

プチコン3号とは、ニンテンドー3DS専用のプログラミングソフトである。

プチコン3号公式サイト

プログラミング言語BASICをベースにしており、2画面表示、タッチ操作、ジャイロ操作、立体視といった3DSの機能を制御できる。

本格的な3Dポリゴンの表示は無理(工夫次第で擬似3D表現は可能)といった制約はあるものの、GBA程度のクオリティのゲームならば製作が可能である。

ダウンロード販売のみで価格は1000円。

 

なんとなく興味を持って発売日(2014/11/19)に購入し、個人的には非常に気に入った。

以下にこれはと思う特徴を記載する。

 

  • 3DSの機能を制御できる

先述した通りだが、これがかなり大きい。3DSのソフトを個人で製作できるというのは、他のプログラミングツールにはない利点である。

 

  • 他のユーザの作品をダウンロードできる

すなわち、プログラミングができなくとも最低限遊ぶことはできる。ユーザがいる限り作品は増え続けるので、半永久的に楽しむことができる。また、公開されている作品は全て二次使用可能であるため、ソースを参考にしたり改造したりといったユーザ間の交流も生まれている。

 

  • 画像やBGMの素材があらかじめ用意されている

絵も作曲もてんでダメな僕にとっては非常にありがたい。物足りない場合は自作することも可能であり、有志の方によるオリジナル素材の配布も行われている。

 

総じて、作品や意見を持ち寄ってユーザ間で交流する、といった同人的な楽しみが受け入れられる方に向いている。最も交流が盛んなのは任天堂公式SNSMiiverseであろうか。

 

拙作ながら僕も作品を投稿している。最近は多忙につき製作できていないのがちょっと気がかり。

作品一覧(Miiverseプロフィール参照)

プチコン3号でどんなソフトが作れるのか気になる方は、ユーザの投稿作品を集めたソフト集「プチコンマガジン」の購入をおすすめしたい。価格は300円と安価。ちなみに、僕の作品も掲載されている。

プチコンマガジン 創刊号公式サイト

 

Wii U版の発売も予定されているようなので、そちらにも期待。